bitcoin fx  ダウ理論にもとづくトレンドとは?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

今回は今日(2018年5月5日)のFXBTC BitFlyer 1時間足 を用いて
ダウ理論にもとづく「トレンド」を説明していきたいと思います。



ダウ理論にもとづくトレンドとは? by Nekko on TradingView.com

(出所:TradingViewより)

トレンドという用語自体、ダウ理論の中の一つの用語を示しています。
よってここからは、”ダウ理論にもとづく「トレンド」”を”トレンド”と記載します

ダウ理論ではトレンドを以下のように定義しています。

———————————
上昇トレンド
次の主要な高値は前の主要な高値より高く、
次の主要な安値は前の主要な安値より高い。

下落トレンド
次の主要な安値は前の主要な安値より低く、
次の主要な高値は前の主要な高値より低い。

———————————
(トレンドの定義に際して参考とした書籍:投資の王道(日経BP社 著者:新井邦宏)

今回のケースでは
上昇トレンドの定義である
「次の主要な高値(オレンジ)は前の主要な高値より高く、
次の主要な安値(青)は前の主要な安値より高い」に当てはまっています。

よって上昇トレンドが発生していると言えます。

上昇トレンド時の主要な安値を結んだ線、
下落トレンド時の主要な高値を結んだ線は
トレンドラインと呼ばれます。
今回でいうと紫の線が該当します。

(なお今回は5月3日を境に2本のトレンドラインを引いています。
これは上昇トレンドがこの時点を境に加速していることを示しています。)

裏を返せば

次の主要な高値(オレンジ)が前の主要な高値より低かったり、
次の主要な安値(青)が前の主要な安値より低い場合には上昇トレンドに該当しません。
(右上のチャート)
加筆:
5月5日19時の1,178,300円付近でのオレンジ色の丸は
高値なので、青色の誤りです。
訂正してお詫び致します。

なお、トレンドの定義にある、”主要な”高値、安値とはどのようなことをいみしているのでしょうか?
これは大きなヒゲが出た場合は、その高値、安値は例外として外して考えてもいいですよ、という意味です。

つまり、あまり厳密に考えず、まずは安値、高値を見てトレンドを把握することが大事、ということです。

今回はこれで終了しますが、
テクニカル分析の基礎から
しっかりと解説していきますので、よかったらまた見て下さいね^_^

TradingViewが気になった方は登録はこちらから↓
投資をする際には必須だと思います。
無料でも十分使えるツールですよ^_^

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018