Bitcoin(ビットコイン)の安全な保管方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

今回は
物理的に見えないがゆえに大変重要となってくる
Bitcoin(ビットコイン)の安全な保管方法について解説します。

ビットコインの保管方法

まず、「え?」と思われた方も多いかも知れません。
仮想通貨を購入した場合、銀行のように
その取引所が保管してくれるんじゃないのと思われた方が大半だと思います。

でもそうではありません。
それはビットコインの持つ独特の性質によるものです。
それを理解しないまま保存していると
うっかり大切なコイン(仮想通貨)を失ってしまいかねません。

これは仮想通貨取引の経験が長い人でも詳しく理解していないケースが多いです。

でもとても大事なことです。

ですので敢えてはじめの段階で
きちんとした知識をお伝えしたくて最初に持ってきました。

ビットコインは物理的には見えません。
それではどうやって保管するのでしょう?

ウォレットというお財布のようなところに保管します。

ウォレットにはホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。

1.ホットウォレット

インターネットに接続された端末で運用されるウォレットのことを指します。

よく誤解されがちなのですが取引所のウォレットはウォレットではありません。

取引所はビットコインを取引する場所で、取引所での取引はブロックチェーン上には記載されません。

そのため取引所が倒産したりハッカーから被害を受けた際に保証されません。

かの有名なマウントゴックス事件はこのケースに該当します。

くれぐれも取引所の選定とコインの保管は慎重に行いましょう。
取引所に登録する際に2段階認証が出来ますが、これは必ず設定しておきましょう。
また登録時のメールアドレスは使い回しせず、それぞれの取引所ごとに用意しておくことも重要です。

《メリット》
インターネットに繋がっているので入出金が簡単

《デメリット》
インターネットに繋がっているが故に外部からの攻撃を受け
残高を盗まれるリスクが高くなる

2.コールドウォレット

普段はインターネットに接続されていない端末で運用されるウォレットのことを指します。

コールドウォレットの中にも色々ありますがここではハードウォレットというものをご紹介します。

ハードウォレットには代表的なものとして
Tresor(トレザー)

KeepKey

Ledger Nano S

があります。

《メリット》
インターネットに繋がっていないのでセキュリティ面で安心

《デメリット》
インターネットに繋がっていない為、
入出金の手続きがホットウォレットのように容易ではない

3.ホットウォレットとコールドウォレットをどのように使い分けるか?

普段取引する通貨をいちいちコールドウォレットに入れていては
すぐに使いたいと思った時に時間が掛かって仕方ありません。

しかしビットコインは電子上の通貨なので盗まれても戻ってきません。
その意味ではセキュリティーは最重要といってもよいと考えています。

よって以下の運用ベターだと思いますし、私もそのように保管しています。

普段取引で使うビットコインはホットウォレットへ入れておき2段階認証を必ずしておく。
当分使わない分についてはコールドウォレットへ入れておく。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!