ネム(NEM)

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

今回はネム(NEM)という仮想通貨をご紹介していきます。

NEMはNew Economy Movement
つまり
「新しい経済運動」というワードの頭文字をとっています。

この意味は後ほど解説していきます。

2018年2月現在ではコインチェックでのネム(NEM)流出事件でも話題となっている通貨です。

一言だけ最初にお伝えしておくと
あの事件は単純にコインチェック側のセキュリティ体制が甘かった為に起こりました。
ネム自体のセキュリティが劣っている為に起った訳ではありません。
お間違えのないようお願いしますm(_ _)m

通貨単位を表す時は1XEM、15XEMのように
XEM(読み方:ゼム)を使います。

ネムの価格

ネムのチャート





チャートのローソク足は初期設定では1日足となっていますが
1時間足、30分足へと変えられますので是非ご自身でいじって見て下さい。

ネムの価格の遷移がつかめると思います。

ネムの特徴

発行量・ブロック作成時間

全発行量はおよそ90億XEMです。

そしてネムのブロック作成時間は約1分と、
ビットコインの約10分と比べると大変速いことが分かると思います。

ネームスペース

ビットコインは決済用の仮想通貨です。
それに対して
ネムはブロックチェーンを更に活用していくことを目標に作られた仮想通貨です。

どういうことか?

ユーザーは、ネムのシステムを利用して独自の仮想通貨を作ることができるのです。
そしてネムではその独自仮想通貨にネームスペースという名前をつけることができます。

ネームスペースとは、インターネットでいうところの「ドメイン」つまり住所のようなものです。

モザイク

ネムで発行される独自通貨の単位をモザイクと呼びます。
モザイクは1年単位のレンタルとなっています。

ユーザーが好みのネームスペースとモザイクをつけることで独自の仮装通貨を作ることができます。

ハーベスティング

ネムではブロックを作成することをハーベスティング収穫)といいます。

ビットコインではブロック作成権限はその仕事量(計算量)によって決定しましたが、
ネムではブロック作成権限はXEMの保有量、取引量、取引相手などが考慮され、貢献度によって決定します。

ビットコインの作成権限はProof Of Work(PoW)と呼びますが
ネムの作成権限はProof Of Importance(PoI)と呼びます。

PoWの場合、資金力がある人が有利であり、
さらに資金がそこに集まる構造となっています。

すると中央管理者不在であるはずのブロックチェーンに
多大な影響力を及ぼす勢力が生まれる可能性があります。

PoIはその懸念を解決する仕組みでもあるのです。

つまり資金がある人だけが儲かる経済から
ネムのコミュニティという、資本に依存しない貢献度に応じた経済
を作り出そうとしている
のです。

冒頭で説明したNEMの由来を立ち戻って考えてみましょう。

New Economy Movement つまり「新しい経済運動」

ここには上記で述べたPoIを大切にしていくという意味が込められているのです。

経済全体を見渡しても、
従来の資本を重視する資本主義(資本主義経済)から
コミュニティ、他人からの評価を重視する価値主義価値経済
へと移りつつあります。

それを体現しているのがネムであるといえるでしょう。

今後の発展が楽しみな仮想通貨です。

ネムが購入できる取引所

国内取引所では下記の取引所で購入できます。

Zaif

CoinCheck

(2018年1月現在では
CoinCheckのNEMハッキング騒動があり、社内の管理体制が見直されている段階です。
それが完了し、あらためておすすめできる、と私が感じるまでは推奨しておりません。)

それでは本日の解説はこれで終了です。ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!