FXBTC BitFlyer 大きなレジスタンスラインをわって下を睨みつつ。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは! Nekko (@Nekko_crypto_c) です^_^

さて本日のFXBTC (BitFlyer)の相場解説をはじめていきます。

前回までの展開も良かったらご参照下さい。

こんにちは! Nekko (@Nekko_crypto_c) です^_^ 24日には大きな目安であるレジスタンスラインを割り込...

<分析>

さて5/28 20:54時点の1時間足です。

(出所:TradingViewより)

解像度などの関係で見にくい場合は以下のリンクをご参照下さい。
同じ画像です。

一旦は反発したものの
EMA(60)が意識されると共に
黒線(上)の85.8万円も若干意識される展開。(青マルで示してあります)

ここはもう戻り売りという表現が正しいでしょう。

最も注目して頂きたいのが
下の黒線です。

一旦割り込み、もはやサポートラインとして機能していないので
やはり下目線に変わりなしといった状況です。

<まとめ>

下目線というのは上で述べた通りです。

しかしボラティリティの高いBTCの世界。急騰の可能性も十分あると思っています。

下目線で見つつも、一旦上へ抜けると、一目均衡表やEMAなど諸条件から判断しても
大きく伸びそうな感じがしています。

ここで強調しておきたいのが、リスク管理の大切さです。
普段から逆指値でのこまめなロスカットはして頂きたいですが、
こういう変動の大きな時は特に要注意。

仮に○円以下になったらその価格で決済としていると刺さらない可能性があります。

そのため、こういう局面では○円以下になったら成り行きで決済としておくことをおすすめします。

リスク管理については投資のおいて最も大事なことだと私は考えています。
幸いなことに私自身はマーケットから退場したことはありません。
しかし、長く投資をやっている人、投資分野で著名な人も
リスク管理を怠ったが為にやむなくマーケットから退場したケースが多いです。

裏を返せば、
適切なリスク管理をしていけば
損失を少なくし、トレンドに乗って利を伸ばして行けるときに十分な利益を得られます。

少しずつですが、そのあたりの具体的な手法についても触れていれけばと思っております。

また、分析対象として
取り上げて欲しいマーケット、銘柄等ありましたら、
気軽にこちらのコメント欄やTwitterでコメントして頂ければと存じます。

本日もお読み頂きありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018