〈Sponsered Link〉




イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

今回はイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)という仮想通貨をご紹介していきます。

通貨単位を表す時は1ETC、15ETCのように
ETCを使います。

イーサリアムクラシックの価格

イーサリアムクラシックのチャート





チャートのローソク足は初期設定では1日足となっていますが
1時間足、30分足へと変えられますので是非ご自身でいじって見て下さい。

イーサリアムクラシックの価格の遷移がつかめると思います。

イーサリアムクラシック の特徴

THE DAO事件の結果
イーサリアム、イーサリアムクラシックへハードフォーク(分岐)しました。

ですのでイーサリアムと非常によく似た特徴を持っています。
ここではその特徴をイーサリアムとの違いを通じて解き明かしていきます。

イーサリアムクラシックが誕生したきっかけは
イーサリアムを使用したThe DAO(ザダオ)というプロジェクトにおいて
スマートコントラクトのコードの脆弱性を突いて
50億円以上のイーサリアムが不正に送金された事件です。

これに対しイーサリアムの開発チームは
「ハードフォークにより不正送金が行われる前の状態に戻します」ということで事態の解決を図りました。
結論としてコミュニティの約90%がこれに賛成をし、
ハードフォークが実行され、イーサリアムの不正送金は無効化されました。

ただし、この対応が中央管理的な介入であるとして
あくまで非中央集権的な暗号通貨を目指すコミュニティの一部が反発し
ハードフォークを拒否しました。
その結果生まれたのが「イーサリアムクラシック」です。

よって性質としてはイーサリアムと同様スマートコントラクトを備えたものになります。

誕生した経緯からも分かるように、あくまでも非中央集権的な仮想通貨を目指す暗号通貨ですので「コードこそが法(Code is law.)」を徹底しています。

イーサリアムクラシックが購入できる取引所

下記の国内取引所にて購入可能です。

CoinCheck
→2018年1月現在、コインチェックのNEMハッキング騒動の為、おすすめしておりません。

bitFlyer

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    〈Sponsered Link〉




    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!