仮想通貨初心者の方必読!

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

まず最初に代表的な仮想通貨であるビットコインについて解説してきます。

「ビットコインの定義、特徴、入手方法、保管方法は?」
と聞かれて簡潔に説明できる方は
こちらのページを飛ばして下さって結構です。

ただ、「なんとなく分かるんだけどイマイチ詳しく分からないな」
あるいは「全く分からないです」
という方。

大丈夫です!安心して下さい。

そのような方がきちんと理解し、
人へ説明できるレベルまで引き上げる為に
このサイトを作り込んでいます。

それでは
まず定義から解説していきます。

1.ビットコインの定義

最も代表的な仮想通貨がビットコインです。
皆さんもどこかで耳にしたことがあると思います。

ビットコインの定義を考えることで仮想通貨というものの在り方を
掘り下げていこうと思います。

ビットコインとは
ブロックチェーンという分散型台帳技術を利用し
管理者がおらず(つまり発行者がいない)
個人間決済が出来る
(実体のない)仮装の通貨
のことを意味します。

これだけではなんのことか分かりませんね。。

以下の動画が参考になりますのでご覧下さい。

2.ビットコインの特徴

それでは具体的な特徴にはいりましょう。

実はビットコインの特徴は先ほどの定義に集約されています。

ブロックチェーンを利用することで、改ざんが不可能となります。

管理者がいないということは、誰か特定の権力ある人がコントロールできるのではなく
参加者によって特定のルールに従ったものだけが記録されます。

個人間決済が出来るということは、銀行と対比して考えてみれば分かりやすいです。
銀行を利用する場合、
Aさんが送金する際は銀行の口座を仲介してBさんの口座にお金が届きます
一方、ビットコインではAさんが送金する際、直接Bさんへ届きます。

(実体のない)仮装の通貨と聞くと
何やら怪しいもの、と想像する方もいらっしゃるかもしれません。
しかしその意味は
日本円や米ドルのように物理的な実体があるものではなく
目に見えない通貨であると考えてもらえれば結構です。

3.ビットコインの入手方法

それではそのようなビットコインはどうやって入手出来るのでしょうか。

大まかに分けて以下の2つの方法があります。

1.購入する

仮想通貨取引所で購入する方法です。
世の中には悪い人がいて、仮想通貨詐欺が横行しています。
それに巻き込まれないよう、きちんとした取引所で購入することが大切になります。

私が実際に利用していておすすめ出来るのは以下の国内取引所です。

(2018年1月28日追記)
2017年1月27日のCoinCheckのNEM(XEM)ハッキング騒動の影響から
現時点ではCoinCheckのおすすめをしておりません。

CoinCheck

《メリット》
ビットコイン取引高日本一という安心感
スマホアプリが使いやすい
多くの金融機関と提携すると話題となったリップルをはじめ、多くの通貨を扱っている

《デメリット》
強いてあげるなら、チャートが分析しにくいということでしょうか。
(すみません、CoinCheckは使い勝手がよく不便だと感じたことがあまりありません(;^_^)

公式サイトからの登録はこちらから。

CoinCheckで口座を登録する

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer

《メリット》
リクルート、GMOなどの大手企業から出資を受けていて資金面で安定している
チャート画面が見やすく取引しやすい

《デメリット》
取引手数料が高い(→2018年1月31日までビットコイン売買手数料無料キャンペーンを行なっていますので、今はお得ですね。)

CoinCheckの次によく使う取引所です。
チャートをしっかり見たい人にはこちらがオススメです。

公式サイトからの登録はこちらから。

bitFlyerで口座を登録する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif

《メリット》
他では扱いのないモナコイン、COMSAなど多様な通貨の取り扱いがある

《デメリット》
アプリが他の2つの取引所に比べて使いにくい

公式サイトからの登録はこちらから。

Zaifで口座を登録する

2.採掘(マイニング)する

ブロックチェーンにおいて取引をする為に複雑な計算をコンピュータで行います。
その対価としてビットコインの新規の発行を受けることができます。
この計算をしている人のことを採掘者(マイナー)と呼びます。

通常の取引をしている限りはマイナーとの接点はありませんので
こちらでは簡単な説明に留めておきます。

4.ビットコインの保管方法

「え?」と思われた方も多いかも知れません。
仮想通貨を購入した場合、銀行のように
その取引所が保管してくれるんじゃないのと思われた方が大半だと思います。

でもそうではありません。
それはビットコインの持つ独特の性質によるものです。
それを理解しないまま保存していると
うっかり大切なコイン(仮想通貨)を失ってしまいかねません。

これは仮想通貨取引の経験が長い人でも詳しく理解していないケースが多いです。

でもとても大事なことです。

ですので敢えてはじめの段階で
きちんとした知識をお伝えしたくて最初に持ってきました。

ビットコインは物理的には見えません。
それではどうやって保管するのでしょう?

ウォレットというお財布のようなところに保管します。

ウォレットにはホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。

1.ホットウォレット

インターネットに接続された端末で運用されるウォレットのことを指します。

よく誤解されがちなのですが取引所のウォレットはウォレットではありません。

取引所はビットコインを取引する場所で、取引所での取引はブロックチェーン上には記載されません。

そのため取引所が倒産したりハッカーから被害を受けた際に保証されません。

かの有名なマウントゴックス事件はこのケースに該当します。

くれぐれも取引所の選定とコインの保管は慎重に行いましょう。
取引所に登録する際に2段階認証が出来ますが、これは必ず設定しておきましょう。
また登録時のメールアドレスは使い回しせず、それぞれの取引所ごとに用意しておくことも重要です。

《メリット》
インターネットに繋がっているので入出金が簡単

《デメリット》
インターネットに繋がっているが故に外部からの攻撃を受け
残高を盗まれるリスクが高くなる

2.コールドウォレット

普段はインターネットに接続されていない端末で運用されるウォレットのことを指します。

コールドウォレットの中にも色々ありますがここではハードウォレットというものをご紹介します。

ハードウォレットには代表的なものとして
Tresor(トレザー)

KeepKey

Ledger Nano S

があります。

《メリット》
インターネットに繋がっていないのでセキュリティ面で安心

《デメリット》
インターネットに繋がっていない為、
入出金の手続きがホットウォレットのように容易ではない

3.ホットウォレットとコールドウォレットをどのように使い分けるか?

普段取引する通貨をいちいちコールドウォレットに入れていては
すぐに使いたいと思った時に時間が掛かって仕方ありません。

しかしビットコインは電子上の通貨なので盗まれても戻ってきません。
その意味ではセキュリティーは最重要といってもよいと考えています。

よって以下の運用ベターだと思いますし、私もそのように保管しています。

普段取引で使うビットコインはホットウォレットへ入れておき2段階認証を必ずしておく。
当分使わない分についてはコールドウォレットへ入れておく。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。

かけ足ですが
ビットコインの定義、特徴、入手方法、保管方法についてお伝えしてきました。

今後、ビットコインに関して技術的なことや
他の通貨に関しての情報もどんどん発信していきますね!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
    テキストのコピーはできません。