(最新動向)仮想通貨の税金は見直されるのか⁈

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

確定申告期間も終わってやれやれという感じの人も多いと思います。

仮想通貨の確定申告は実際にやってみると分かりますが面倒臭いですよね。。。

今回はその仮想通貨税制について
2018年3月時点での最新の議論をまとめていきます。

仮想通貨税制の現状

仮想通貨間の交換でも課税関係が発生するので
例えば、ビットコインからイーサリアムへ交換しただけで収入と見なされます。

また、総合課税ですので住民税と合わせて最大55%の税率が課される可能性があります。
株は通常、特定口座なら源泉徴収されて終わり。FXが申告分離課税。
税率はいずれも所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=合計20.315%
(複雑なので簡便的に以下では「20%」として議論を進めます)
なのに対して仮想通貨の税負担は大きいですよね。

藤巻健史議員の提言

そのような背景もあって、金融のプロでもある参議院議員の藤巻健史さんが
仮想通貨税制について国会で質疑応答を行われました。(2018年3月22日)

こちらのニュースに内容がまとめられています。

仮想通貨の税金、改正に向け議論始まる 交換での課税繰り延べには道筋も仮想通貨を巡る税制改正に向けての議論が始まった。日本維新の会の藤巻健史参議院議員は3月22日、財政金融委員会で財務省主税局長などに仮想通貨の税制について質問した。ブロックチェーンの技術に対して税制が遅れていると指摘、「取引では申告分離課税(20%)、仮...

国会(財政金融委員会)質疑の要点

藤巻健史議員より

・ブロックチェーン技術に対して税制が遅れていると指摘し、
「取引では申告分離課税(20%)、仮想通貨同士の交換は非課税にすべきだ」と主張

・株式、FXの20%の課税に対して仮想通貨の最大55%は普及の妨げになる可能性

・仮想通貨取引の利益でも、将来的にFXと同じように申告分離課税(20%)にする可能性の有無

・ブロックチェーンという技術や市場を育てる為、税の公平性という観点からも
仮想通貨取引の利益は申告分離課税(20%)にするべきではないか

・ブロックチェーンが発達していけば仮想通貨同士の仲介など連鎖的な状況が出来上がり
あまりに複雑な状況での課税は現実的ではないと指摘。

財務省主税局長の回答

・FXは為替リスクの回避など重要な役割がある。幅広い投資家の参加を促すために申告分離課税(20%)を適用しているのであり仮想通貨を同列に論じるのは難しい。

・申告分離課税の適用には投資家保護規制が重要で、
さらにその取引を国が支援するのが前提となる。

・課税の繰り延べを認めるならば政策的配慮が必要

・仮想通貨同士の交換を頻繁に行っていくと所得の補足が難しく
取引実態を把握して必要な検討を考えていきたい

質疑のまとめ

仮想通貨での税金がFXと同様に低くなる為には、
政治家達がブロックチェーン技術を含めた仮想通貨を
政策として支援してはじめて成り立つものである。

現実的な問題から課税を繰り延べる制度の議論が加速していく可能性。

まとめ(私見含む)

今年度の確定申告を経て、想像以上に仮想通貨の取引にかかる税務の複雑さを痛感しました。
また、制度上も最大55%課税される総合課税は業界の発達を阻害する要因になりかねません。

現実的な解決策としては
仮想通貨交換業者(取引所と考えてもらって構いません)にて
利用者登録をしっかり確認することで課税の漏れのないことを担保した上で
仮想通貨同士の交換は政策的に課税の繰延(20%)へ持っていくべきなのではないか
と感じています。

思い返せばFXが世に広まった時も似たような経緯を辿っています。
一度参考の為にも振り返っておきましょう。

【FXの課税の変遷】
・1998年 外為法の改正によりFXの取引が解禁。FXによる所得は総合課税の対象。
・2005年   法の改正により、FX業者は金融庁への登録が必須になると共に申告分離課税が適用される。(形態により総合課税と申告分離課税の併用)
・2012年 FXの課税が申告分離課税に一本化

とこのような具合で、FXが解禁されてから7年後に申告分離課税へと舵を切りました。

仮想通貨の場合、仮想通貨同士の交換も課税されてしまいます。
これを防ぐ為に課税の繰延を行う。
それとセットで申告分離課税を取り入れるという流れになるのではないかと思います。

ただし、財務省主計局の主張を見る限り、当面は環境整備へ力を入れていくことがまず大事
との認識のもとから来年から申告分離課税になることは考え辛いなぁというのが
私見のまとめです。

税制については今後も議論が交わされるでしょうから
その都度アップデートしていきますね!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!

    テキストのコピーはできません。