緊急投稿! CoinCheck(コインチェック)のNEMハッキング騒動についての最新情報

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

普段は個別に投稿せず、淡々と初心者向けの解説記事を書いているのですが
今回のCoinCheckのハッキング騒動は初心者も使っている人が多い取引所であるので急遽取り上げました。

まず騒動の概要は
CoinCheckという取引所にてNEM(XEM)を含む仮想通貨が
600億円以上不正送金された可能性があるということです。
(NEM(XEM)については526百万XEMがハッキングにあった可能性)

これに関してNEM財団の代表は
「残念ながらCoinCheckはハッキングにあいました。しかし私達が出来ることは全てします」とTwitterでコメントしています。


(引用:Twitter LonWong氏のツイートより)

このツイートにある英文を要約すると次の通りです。

Lon氏の考えとしては

NEMに関しては技術的な問題はない。
・よってこれによるフォーク(分岐)による救済もない。
NEM財団としては、全ての取引所に対してマルチシグネチャー(送金する際に複数名による署名を要するシステム。これにより取引のガバナンスが向上する)を使うようアドバイスしている。しかしCoinCheckはそれを使用していないためにハッキングされた可能性がある。CoinCheckは自分達が取っている安全対策に安心しきっていた。

とのことです。

つまりLon氏としてはCoinCheckがハッキングされたのは自己責任だが
出来ることはしたいと言っています。

今後の補填、救済措置がどのようになるのか、
CoinCheckの会見や見解が待たれるところです。

そしてここからが大切で、
私のブログでも何度もお伝えしてきたことですが
取引所のウォレットは仮想通貨のウォレットではなく単なる数字に過ぎません。

ですので取引所には必要最小限の仮想通貨だけを置くようにしましょう。

そしてそれ以上の分についてはウォレットへ保管をしておきましょう。

NEMが公式におすすめしているウォレットとしてNanoWallet(ナノウォレット)があります。
公式サイトはこちら

また、今回は取引所のハッキングということで全貌もまだ分かっていませんが、
個人レベルでは2段階認証、メールアドレスは他の取引所と同じものを使わないなどの
基本的なセキュリティ対策をおこたらないようにしましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!

    テキストのコピーはできません。