ビットコイン(Bitcoin)

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

ビットコイン の特徴を丁寧におさらいしていきましょう。

なんせビットコインから仮想通貨は始まっています。
その成り立ちや特徴は他の仮想通貨へ多大な影響を及ぼしています。

また多様なアルトコインが出てきた今においても
基軸通貨であり続けています。

ちなみに
アルトコインとは
alternative coin つまり(ビットコインの)代替貨幣という意味です。
ビットコイン 以外の仮想通貨を指しています。
有名なアルトコインだと
イーサリアム(ETH)、NEM(XEM)、MONERO(XMR)、LiteCoin(LTC)、Monaコイン(MONA)などが挙げられます。

他のアルトコインが普及し、時価総額でビットコイン を超えることがあっても
アルトコインを購入する際には一度はビットコイン に変換する必要があるため
需要はなくならないでしょう。

むしろ発行枚数に上限があるため希少価値は高まっていくのではないかと考えています。

本日はそんな仮想通貨界をリードし続けるビットコイン の特徴にフォーカスしていきます。

(注意) 当記事は専門用語を最小限に抑え初心者の方でも読みやすい内容にしています。詳しく知りたいという方は別の記事にて記載しておりますのでご参照ください。

ビットコインの価格

ビットコインのチャート




ビットコイン の特徴

同じ貨幣である日本円(米ドル)や似たように思われる電子マネーと比較することで
自ずと特徴が浮かび上がってきます。

 ビットコイン貨幣(ex)日本円)電子マネー(ex)Suica)
発行体ブロックチェーン内に参加するビットコインシステム日本銀行各企業
ex)SuicaならJR東日本
価値が変動するか否か外国貨幣、アルトコインなど全ての通貨との変動外国貨幣(ex)米ドル)との変動日本円に固定
ex)1ポイント=1円
管理(盗まれたりした場合)自己責任
(暗号化された秘密鍵を自分で保管する責任がある。これを無くしたら取引所でも補填はしてくれない)
銀行発行体企業
送金ビットコインアドレス宛てに遅ればすぐ送金できる送金は可能だが手数料が高い。また銀行の営業時間次第では送金が遅くなる可能性他人への送金は不可能
発行量2,100BTC日本銀行の裁量により変動各企業の裁量により変動

中央管理者不在

ビットコインでは銀行のように管理する主体がいません。
それを聞くと「大丈夫なの?この貨幣。」と思う方が大半でしょう。

私も最初聞いたときは同じ印象を持ちました。

しかし中央管理者は時に不正を犯します。
権限を持った管理者がいるから不正がおこる。

ならそれをみんなで監視する形で行えば不正は起こらないじゃないか。

そういうトラストレス(信用が不要)という考えがビットコインの根底にあります。

他の仮想通貨を考える際も多くのものがトラストレスです。
それは中央に管理されるのではなく自主性を重んじるというビットコインの思想が根付いているからに他なりません。

発行上限が2,100万BTCと決まっている

金は採掘量が決まっていると言われています。(それはそうですよね。化合物である金の埋蔵量は有限であり、いつか採掘が終わってしまいます。)

それと同様、ビットコインも採掘できる量の上限が設定されています。
採掘というといかにも「掘る」イメージがありますが、実際には少し皆さんの思い描くものと異なるかもしれません。

ビットコイン の採掘とはブロックチェーン上に記載されるべき取引が正しいかどうかを検算していくことにほかなりません。(行うのはマイナーという高度なスペックを持ったコンピューターです)
そして先にその検算が正しいことを確認できた人に、報酬としてBTCが渡されます。(これがマイニング報酬というものです)

その報酬は約4年に1度あり、2018年1月現在のマイニング報酬は12.5BTCです。

マイニングにはPoWという技術が大前提にあるのですがそれは別途説明させて頂きますね。
まずはビットコイン の特徴を大枠で良いので掴んでください。

まとめますと
このように発行上限が決まっているからこそ
希少価値があるといえます。

秘密鍵を使って自己管理

暗号化されたデータがブロックチェーン上に記録されるものがビットコイン です。
つまりそれ自体は物理的な価値を持ちません。
計算された結果と言っても良いでしょう。

その計算された結果はビットコインアドレスを作る際に対となって提供される秘密鍵によって送付、受取が可能となります。

言い換えれば、その秘密鍵が他人に渡ってしまうと自分はそのビットコインにはもはや関与できないことになります。
銀行でいうところの、通帳とATMの暗証番号を連想してもらうとわかりやすいかもしれません。両方盗まれてしまうと、自由に引き出されたりしますよね。

それぐらいビットコイン の秘密鍵が重要だということは頭に入れておいてください。

秘密鍵の管理はウォレットの作成と密接な関係にあります。
そのため、別の機会に詳しく解説したいと思います。

ビットコインが購入できる取引所

下記の国内取引所がおすすめです。

CoinCheck

bitFlyer

Zaif

それでは本日のビットコイン の解説は以上となります。
ありがとうございました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!

    テキストのコピーはできません。