binanceログイン時に表示される安全確認事項

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

こんにちは!投資の水先案内人 Nekko ( @Nekko_crypto_c ) です^_^

2018年1月末時点でbinanceでログインしようとすると下記の画面が表示されるようになっています。

本日はそれぞれの英文の意味を説明すると共に、今後の注意点を解説していきます。

Safety Risk Noticeの内容の日本語訳

それぞれ以下のような意味となっています。

・Make sure you are visiting ☑www.binance.com to prevent any phishing attacks.
フィッシング攻撃を防ぐために、これからアクセスする先が www.binance.com となっていることを確認して下さい。


つまり最近検索サイトからのアクセスによるフィッシング詐欺が増えているため、
公式URLへアクセスしているかどうかをきちんと目視して確認して下さいという念押しですね。

・Never install any browser plug-ins that claim to be associated with Binance.
→Binanceに関連があると主張しているブラウザプラグインは、絶対にインストールしないでください。

つまり「binanceと関係がある便利な機能のプラグインです」などと記載されている拡張機能は、ログインデータを収集され不正ログインされる恐れがありますのでインストールしないように!という注意です。

・Never make any phone calls to anyone that claims to be a Binance Support Representative.
→Binance Support Representative(Binanceサポート担当)であると主張している人には絶対に電話をかけないでください。

つまり、公式のBinance Supportは電話対応をしていないので、電話対応すると言ってきた人とは電話しないようにというアナウンスです。

・Never disclose your Password, Google Authentication Code, SMS Authentication Code or Google Authentication Key to anyone, including Binance Support.
→Binance Support(バイナンスサポート)を含む、他の人に対して
あなたのパスワード、Google認証コード、SMS認証コードまたはGoogle認証キーを開示しないでください。

つまり、Binance Supportも含めてパスワード、Google認証コード、SMS認証コード、Google認証キーを尋ねることはない。よって尋ねられたらそれは不正ログインしようとしている第三者であるので絶対に伝えないようにしてください、ということです。

・Never make transactions or send funds to anyone who claims to be a member of Binance Support.
→Binance Supportのメンバーであると主張する人には、取引をしたり、資金を送金したりしないでください。

つまりBinance Supportは直接取引を要求はしないのでこれも第三者であり、対応しないようにということですね。

Be sure to pay attention to the above safety precautions at all times to strengthen the protection of your account.
→あなたのアカウントの保護を強化するために、上記の安全上の注意事項に常に注意してください。 

つまり上記の注意事項を常に意識してくださいという念押しですね。

なおMore Referenceは「もっと詳細はこちら。」という意味です。

全てを理解し、チェックマークを付けた上で
「I understand, continue」をクリックすれば通常の取引画面へと遷移します。

次回以降のログイン時には同様の表示はされていません。

最近、フィッシング詐欺や
悪意ある第三者がサポートを装い、情報を聞き出して不正ログインにあう被害が増加しているからbinanceとしても注意喚起をしているのでしょう。

注意事項のまとめ

上記も含めて注意しておいた方がいいことをまとめましたのでご確認下さいm(_ _)m

・毎回のログインは、検索サイトからではなく、最初のbinance登録時に受け取ったメールに記載の公式URLから行うこと。
そのURLをブックマークしておいて、そこからアクセスするようにしましょう。

binanceを名乗るブラウザプラグインは絶対にインストールしないこと。

公式のサポートが電話をしたり、パスワード、認証コードなどを直接聞き出したり、直接取引を持ちかけることはないので注意すること。

登録する際のメールアドレスは他の取引所にしようしているものを使い回しせず
面倒でも新しい別のアドレスを作ること。

パスワードも他のサイトの使い回しや、メールアドレスから推測されるようなものにしないこと。

2段階認証は必ずしておくこと。

今回は以上になります!

ハッカーは手口が巧妙なだけに、こちらも十分な警戒心を持って対応していきましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。読者の方が多くなると更新励みになります^_^

    フォローしていただけるとブログの更新を見逃しません!